悩みごとが頭から離れない時の3つの抜け出し方

    
\ この記事を共有 /
悩みごとが頭から離れない時の3つの抜け出し方

グルグル同じことを考えてしまいます

気が付けば、ため息。あの時、あぁしていればよかったかな?あの時の一言が余計だったかな?あの時、私が配慮していたら気まずくならなかったかな?あの時、こうすればよかったのに!!

悩みが頭の中から離れずにぐるぐる思考にはまってしまう時ってありますか?

いわゆる「反芻はんすう」ですよね。

出したり戻したり、同じようなことが行ったり来たり、行ったり来たり。
頭の中が「なにかに」ジャックされている状態です。

その「なにか」って何でしょうか?

もし、あなたがそういう状態になってしまった時、自分自身に問いかけてほしい質問があります。

それは
「私は自分よりも誰かのことを大切にしすぎてないだろうか?」

悩み事が頭から離れない時の抜け出し方には、次の3つの方法があります。

1.人の事ばかり、気遣ってしまう自分に気づく

2.自分を心の真ん中に置く

3.マインドフルな自分を創る

それでは、具体的に解説します。

1st.ステップ:人のことばかり気遣ってしまう自分に気づく

コミュニケーションケア・秘密のタッピング瞑想でセルフケアを身に付けたいと願う人の多くは、人には親切、真面目で一生懸命で頑張り屋さんがほとんどです。

もちろん、それはとっても素敵な資質です。

けれど、それが自分の心が苦しくなるまでやりすぎてしまうというのは、辛いことですよね。

いつも、人のことばかり気遣って、優先させていると、「周りにとっていい」ことしか選べなくなってしまいます。

いつも相手目線。優しいあなたは素敵ですが、素敵な存在だからこそ報われてほしいのです。

いくら人のためになっているとはいえ、報われない状態が続くと人の心は荒んでしまいます。

だからこそ、頭の中が悩みでいっぱいになってしまった時、まず「心の真ん中に自分をセットしなおす」とまず意識的に決めてほしいのです。

2nd.ステップ:自分を心の真ん中に置く方法

外側にばかり向いていた視線を、自分の心の内側を観察してみてみます。

何を観察するかというと「自分自身の心地よさ度」です。今の自分の心地よさってどれくらいだろう?数字にした方がわかりやすければ、10のうちいくつくらいの心地よさ?と問いかけます。

悩み事で頭がいっぱいですから、0とか0.5とか、1とかでしょうか。

けれど、変化し始めるきっかけはいつだって、はっきり今ここの自分を自覚することです。

今ここ、現状が把握出来たら、そのままを受け入れます。受け入れ方は、あ、今、そうなんだね、とつぶやくだけでOK!

3rd.ステップ:マインドフルな自分は簡単に創れます。

頭の中を悩みがぐるぐるしてしまっているときって、そのことが発生したときの時空間に囚われてしまっているということ。
その場所、その時間に縛られているんです。

だから、自分を今ここに戻してあげることが大切なんです。

一番簡単に、自分を今ここに連れ戻せる方法は「呼吸」です。昨今、とてもマインドフルネスが流行っているので、ご存じな方も多いことでしょう。

やったことあるよ!でも、よくわからなかった、そんな人にこそやってほしいことがあります。

それは、自分の感覚を開いていくを大切にしてほしいということ。

それも難しいことではありません。

ただ「フィーカス」すればいいのです。

私たちの感覚機能はとてもシンプルで、意識を向けたところの感覚が開いていきます。

呼吸を丁寧にすることでマインドフルな状態になるときに、フォーカスする感覚は触感(鼻や口から息がもれていく感覚、息を吸っていく感覚)

そして、リズム感覚。どれくらいの早さで自分の呼吸は吸ったり吐いたりしてるんだろう?

純粋な好奇心で「観察して眺めます」 丁寧に繰り返すだけでいつのまにかあなたの頭の中のぐるぐるへのフォーカスは呼吸へのフォーカスに変わっていっているはずです。

思考への過度なフォーカスを脇に置いて、とにかく自分の体の感覚~リズム感や触感~に移行させる。

ただ、ずらしてみるんです。

今ここ、の自分からしか新しい何か、新しい未来は生まれません。どうぞ、今ここ、というかけがえのない現在の時間に自分を戻してあげてくださいね。

とはいえ、呼吸だけでは集中できないんなぁ、そういう人向けに次回はタッピングについて書いていきますね。

今日のまとめ

今回は、悩み事が頭から離れない時の3つの抜け出し方についてお伝えしました。

1.人のことばかり気遣ってしまう自分に気づく。

2.自分を心の真ん中に置く

3.マインドフルな自分を創る

いかがでしたか?

呼吸だけでは集中できずに、すぐに気がそれてしまう場合もあります。

そこで次回はタッピングについてお伝えします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©自分らしさ四柱推命鑑定,2024All Rights Reserved.